横浜市のデザインマンホール1

横浜市のマンホール ・歩道の柄に合わせた蓋、中央に横浜市環境創造局のイメージキャラクターのかばの「だいちゃん」のデザイン。  

・提供日:2012年11月7日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・穴あきの二重の六角形模様に「あめ」の表記で、中央に上記と同じカバのデザイン。
雨水管マンホール蓋    

・撮影日:2016年9月24日  
・撮影場所:青葉区たまプラーザ駅前  
・撮影者:鶴田さん提供
横浜市のマンホール ・上記の「おすい」表記。
汚水管マンホール蓋    

・撮影日:2016年11月17日  
・撮影場所:横浜市青葉区たまプラーザ駅付近  
・撮影者:鶴田さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同デザインの文字なしです。
下水管マンホール蓋    

・撮影日:2017年7月24日  
・撮影場所:横浜市新横浜にて  
・撮影者:TAKAOさん提供
横浜市の小型 ・上記と同じ二重の亀甲地模様中央にノンカラーのカバの絵柄入り。直径30~40cm程。
汚水枡小型蓋    

・提供日:2017年4月27日  
・撮影場所:横浜市保土ヶ谷区峰岡町  
・撮影者:nsnsさん提供
横浜市のマンホールカード ・マンホールカードです。8月1日、第二弾として全国40自治体で44種類(64自治体74種類)の マンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2016年8月10日
・配布場所:横浜市役所(環境創造局下水道事業推進課)
・撮影者:山崎さん提供
横浜市のマンホールカード ・裏面には1997年に設置開始された上記マンホールと、 「ベイブリッジ」と「操舵輪」の写真とデザインの由来などが書かれています。
横浜開港後、外国人居留地(現在の関内周辺地区)に整備されたのが横浜市の下水道の始まりです。ベイブリッジ模様のマンホール蓋は 1997年10月に誕生しました。それまでの幾何学模様から、横浜らしさを表現した親しみの持てるデザインへと変更するのがねらいで、いくつかの 候補の中から市民モニターの投票によって決定しました。ご覧の通り、横浜のシンボルであるベイブリッジを中心に捉え、周囲を船の操舵輪で デザインし、「のびゆく港・未来」を表しています。ちなみに、色が塗られたベイブリッジ模様のマンホール蓋は希少で、元町公園の周辺にだけ 設置されています。

・撮影日:2016年8月10日
・配布場所:横浜市役所(環境創造局下水道事業推進課)
・撮影者:山崎さん提供
横浜市のマンホール ・上記のカラー版。  

・提供日:2012年11月29日  
・撮影場所:横浜 みなとの見える丘公園近く(エリスマン邸とベイリックホールの間の小道を入ったところにあります。)  
・提供者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記の色違いで、こちらは白っぽい色です。  

・撮影日:2018年9月17日  
・撮影場所:国道16号線の保土ヶ谷区内の宮田町3丁目交差点から峯小学区前交差点付近までの歩道  
・撮影者:だいちゃん@さん提供
横浜市のマンホール ・上記の色違いで、こちら赤色の歩道に合わせた赤色版です。  

・撮影日:2018年9月17日  
・撮影場所:生麦駅付近、生見尾踏切を背にして北に向かったT字路を右折してすぐ左側の赤ブロックの歩道  
・撮影者:393さん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジをデザイン。   
平成9(1997)年10月1日より導入されたデザインです。     

・撮影日:2008年5月27日  
・撮影場所:横浜市みなとみらい  
・撮影者:海老名のマンホール屋さん提供
横浜市のマンホール ・上記と12時の形状違いのノンカラー。     

・撮影日:2013年3月26日  
・撮影場所:横浜市中華街  
・撮影者:かなちゃん提供
横浜市のマンホール ・鍵穴が塞がれ、穴も所々塞がれています。
横浜市の場合、雨や汚水と書かれていない場合は 合流管マンホールの蓋と思われます  

・提供日:2012年11月11日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同デザインで穴の開いている数違い。

・撮影日:2014年7月5日  
・撮影場所:横浜市   
・撮影者:syuukouさん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインの親子蓋。  
合流マンホールの蓋   

・提供日:2013年1月24日  
・撮影場所:神奈川県庁(通称 キングの塔)近く  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジの柄が寸断されて、 歩道の点字ブロックが途切れないように配慮されていました。
合流管マンホールの蓋と思われます  

・提供日:2012年11月10日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じタイプの親子蓋。  

・提供日:2013年2月11日  
・撮影場所:横浜市保土ヶ谷区 相模鉄道(和田町駅)近く(国道16号線象沿い)  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市マンホール ・マンホールフェス2019(東急ハンズ新宿店)で展示されていた蓋です。 上記デザインのカラー版で「あめ」の文字入りです。
雨水管マンホールの蓋

・撮影日:2019年2月1日~3日
・撮影場所:東京都渋谷区東急ハンズ新宿店
・撮影者:fujisanTAROさん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「あめ」の文字。穴が細長く開いているタイプでナンバー枠あり。
雨水管マンホール蓋  

・撮影日:2012年9月22日  
・撮影場所:横浜市  
・提供者:琺瑯タイプさん提供
横浜市のマンホール ・上記の「あめ」の文字なしタイプの親子です。 親蓋は四角の囲みの中に十字入り。 すぐ隣に黄色い部分にナンバリング無しの親子蓋が並んでいます。
下水マンホール蓋    

・撮影日:2017年4月27日  
・撮影場所:横浜市西区岡野町帷子川沿いの沼野橋近く  
・撮影者:nsnsさん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインの親蓋が亀甲模様です。
下水マンホール蓋    

・撮影日:2017年9月9日  
・撮影場所:三ツ池公園の北門駐車場  
・撮影者:能尚さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じタイプですが、「あめ」の表記がなく上部に「14」の表記があります。  

・撮影日:2014年3月28日  
・撮影場所:横浜市中区  
・提供者:情報屋さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じタイプですが、「25」の表記があります。  

・撮影日:2014年5月7日  
・撮影場所:横浜市中区 桜木町駅周辺  
・提供者:syuukouさん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「14」「おすい」の文字で、ちょっと変わったコーティングがなされています。
汚水管マンホール蓋  

・提供日:2015年4月27日  
・撮影場所:横浜市(開港の道の辺り)
・提供者:HYACさん提供
横浜市のマンホール ・上記のノンカラー。
汚水管マンホール蓋  

・提供日:2012年11月29日  
・撮影場所:横浜市  
・提供者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記の12時が「25」のタイプです。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2017年4月3日  
・撮影場所:鶴ヶ峰駅付近  
・提供者:かなちゃん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインですが、こちら番号25で、おすい文字の横に長三角形?のデザインがありません
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2014年5月21日  
・撮影場所:横浜市鶴見区下末吉町  
・提供者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「OSUI」の文字。
汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2017年4月3日  
・撮影場所:横浜市  
・提供者:かなちゃん提供。
横浜市の小型蓋 ・操舵輪、ベイブリッジデザインの小型蓋です。 従来は下記の「のっこ」さんや、その下の「かなちゃん」さん提供のタイプしかありませんでしたが、 現行型の標準サイズと同じデザインのものが設置されるようになりました。
汚水管小型蓋  

・撮影日:2019年5月24日  
・撮影場所:横浜市鶴見区下末吉  
・撮影者:ハマのヒマ人さん提供
横浜市の小型蓋 ・ベイブリッジのデザインに「OSUI」の文字の小型蓋。
汚水管小型蓋  

・撮影日:2014年3月17日  
・撮影場所:横浜市戸塚区  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市の小型蓋 ・上記と同じく船の舵取りに使う操舵輪の中に、横浜の景色の象徴ベイブリッジを中心とし、 カモメと雲、みなとみらいの街並みがデザインされている。小型蓋のため、マンホールデザインとはカモメの数が1羽少なく、 ベイブリッジのワイヤーの太さも太く本数が少ない。
汚水管小型蓋  

・撮影日:2013年3月26日  
・撮影場所:横浜市中華街  
・提供者:かなちゃん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「汚水幹線」とあります。
汚水管マンホールの蓋  

・提供日:2012年11月8日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「合流雨水」とあります。
合流雨水管マンホールの蓋  

・提供日:2013年2月14日  
・撮影場所:横浜駅バス乗り場から循環バスに乗り一つ目のバス停      (岡野町)で降りてすぐ。  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記の親子。親蓋は受枠付き亀甲模様で直径約110cm。 子蓋は直径約65cmで合流雨水の表記。
合流雨水管マンホールの蓋  

・撮影日:2017年5月21日  
・撮影場所:横浜駅西口  
・提供者:nsnsさん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインに「雨水吐」の文字。直径約70cm。
雨水吐マンホール蓋  

・撮影日:2017年5月10日  
・撮影場所:保土ケ谷区星川1丁目  
・提供者:nsnsさん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「合雨幹線」とあります。
合雨幹線マンホールの蓋  

・提供日:2013年2月14日  
・撮影場所:横浜駅バス乗り場から循環バスに乗り一つ目のバス停      (岡野町)で降りてすぐ。  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジのデザインに「雨水幹線」とあります。
雨水幹線マンホールの蓋  

・撮影日:2014年7月31日  
・撮影場所:横浜市二俣川駅周辺で  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・上記に黄色のナンバー枠があり、雨水用の細長い穴が開いています。
雨水幹線マンホールの蓋  

・撮影日:2015年4月5日  
・撮影場所:横浜市戸塚区戸塚町で  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインに「合流幹線」の文字。
合流幹線マンホールの蓋  

・撮影日:2015年5月2日  
・撮影場所:横浜市横浜本牧駅周辺  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
横浜市のマンホール ・上記の「合流幹線」の親子。親蓋は亀甲模様。
合流幹線マンホールの蓋  

・撮影日:2016年5月29日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
横浜市のマンホール ・上記と同デザインで、下部の文字が「伏越」になっています。蓋の横にちらっと見える柱は首都高を支える橋脚です。 下水道の管きょが河川や地下鉄道などを横切る場合、それら地下埋設物より低く設定し、上下流管の水位差によって下水を流下させる管きょの地下埋設物のことだそうです。
伏越のマンホールの蓋  

・撮影日:2017年6月13日  
・撮影場所:横浜市中区間門付近にて  
・提供者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインのノンカラー版に、「分水」の文字。  

・提供日:2013年2月11日  
・撮影場所:市営地下鉄 横浜駅より 横浜天然温泉(スパイアス)に向かう途中  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインに「幹線分水」の文字です。  

・撮影日:2016年4月3日  
・撮影場所:JR 根岸駅周辺にて  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインですが、何故か「YOKOHAMA」の文字がありません。 削り取ったあとは見てとれますが…  

・撮影日:2016年4月2日  
・撮影場所:横浜市戸塚区戸塚町にて  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジデザインのSE(汚水管)空気弁マンホール蓋。  

・提供日:2012年12月4日  
・撮影場所:JR新横浜駅前(高架下)  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・ベイブリッジデザインの 直径が1m位の大きな空気弁マンフォールです。  

・提供日:2013年6月27日  
・撮影場所:ワールドカップ大橋の新横浜3丁目付近から橋の下を潜る手前角の土手  
・撮影者:イッコ-さん提供
横浜市のマンホール ・上記デザイン「掃除口」の文字。掃除口の両脇が盛り上がっている。  

・撮影日:2009年2月1日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
横浜市のマンホール ・上記と同デザインですが、掃除口の両脇が平です。  

・撮影日:2014年3月26日  
・撮影場所:横浜市戸塚区  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市のマンホール ・横浜港のデザインに「港湾局 PORT OF YOKOHAMA 1859 雨」の文字。   
港湾局管理の雨水管マンホールの蓋  

・提供日:2012年12月10日  
・撮影場所:横浜市 赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインの「雨」が「あめ」になっています。     
港湾局管理のマンホールの蓋  

・提供日:2012年12月10日  
・撮影場所:横浜市 赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記デザイン「おすい」の文字。  
港湾局管理の汚水マンホールの蓋   

・提供日:2013年1月24日  
・撮影場所:赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記デザイン「汚水」の文字。  
港湾局管理の汚水マンホールの蓋   

・提供日:2015年10月23日  
・撮影場所:横浜ワールドポーターズ付近   
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・横浜港のデザインに「港湾局 PORT OF YOKOHAMA 1859デザインで「電気」になっています。  
港湾局管理の電気マンホールの蓋   

・提供日:2012年12月20日  
・撮影場所:赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインに「通信」の文字。
港湾局管理通信用マンホールの蓋  

・提供日:2013年2月11日  
・撮影場所:横浜市 横浜赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・路面と同じ蓋の中央に、「PORT OF YOKOHAMA 1859」の文字と 横浜港外防波堤の白灯台と貨物船を描いた横浜港シンボルマークが描かれています。「おすい」の文字。  
横浜港湾局の汚水管マンホール蓋  

・撮影日:2012年9月9日  
・撮影場所:横浜市中区新港2丁目の万葉倶楽部前の歩道  
・撮影者:イッコさん提供
横浜市のマンホール ・上記と同タイプで、蓋面が歩道のレンガ仕様です。  

・撮影日:2015年2月14日  
・撮影場所:みなとみらいのJICA前、サークルウォーク下の歩道にて  
・撮影者:ガリ勉さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同タイプですが、「おすい」の文字がありません。  

・撮影日:2009年2月1日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
横浜市のマンホール ・上記デザインに「通信」の文字入り。   
港湾局管理通信用マンホールの蓋  

・提供日:2012年12月10日  
・撮影場所:横浜市 赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインに「電気」の文字。
港湾局管理電気用マンホールの蓋  

・提供日:2013年2月11日  
・撮影場所:横浜市 横浜赤レンガ倉庫  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール マーク部分をアップで
・歩道と一体化されたデザインで、東西南北が解るようになっています。中央に市章、 周りに「THE CITY OF YOKOHAMA」「JAPAN」の文字入り。  横浜市庁舎入口にドカーンとありました。  

・撮影日:2016年6月29日  
・撮影場所:JR関内駅前横浜市庁舎入口  
・撮影者:のっこさん提供
横浜市の仕切り弁マンホール ・横浜市章と船に日本丸の文字が入っています。
仕切弁マンホール蓋  

・提供日:2012年12月5日  
・撮影場所:横浜市  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール ・上記と同じデザインに「バタフライ弁」の文字。
バタフライ弁マンホール蓋  

・提供日:2013年2月2日  
・撮影場所:横浜みなとみらい大通り  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市のマンホール3 ・日本丸の船をデザイン   
下部に横浜市の市章、上部に上水道の噴水のマーク   
市章は明治42年の開港50周年を記念して市民からの募集で作られ   「ハマ」の2字をデザインしたものだそうです   
上水道のソフトシール弁マンホールの蓋  

・撮影日:2008年5月27日  
・撮影場所:横浜市みなとみらい  
・撮影者:海老名のマンホール屋
横浜市のマンホール3 ・上記と同デザインで「工業用水SV」の表記です。     

・撮影日:2014年5月7日  
・撮影場所:横浜市中区 桜木町駅周辺  
・撮影者:syuukouさん提供
横浜市のマンホール4 ・中央に馬車道のシンボルマーク入り。   
上水道の仕切弁マンホールの蓋  

・撮影日:2008年11月16日  
・撮影場所:横浜市関内  
・撮影者:海老名のマンホール屋
横浜市の蓋 ・YとOを組み合わせた蓋の上に横浜市環境創造局のイメージキャラクター、かばの「だいちゃん」入りの蓋2枚が重なっています。1枚重なっている蓋も葉子さんから頂いています。     

・撮影日:2015年11月12日  
・撮影場所:横浜市鴨居駅付近  
・撮影者:葉子さん提供
横浜市の蓋 アップで
・上記と同じかばの「だいちゃん」が入った4連仕切弁蓋。 2枚3枚並んだのも葉子さんから頂いています。   

・撮影日:2014年1月27日  
・撮影場所:横浜市緑区鴨居駅前で  
・撮影者:syuukouさん提供

横浜市のデザイン蓋2
横浜市の規格等
横浜市その他
横浜市上水道など

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ