御坊市(ごぼうし)のマンホール

御坊市のマンホールカード ・マンホールカードです。8月7日、第10弾として61種類61自治体で(累計539種類455自治体)の マンホールカードの無料配布が 開始されました。 表にはマンホール写真と位置情報が書かれています。

・撮影日:2019年8月18日
・配布場所:EEパーク
・撮影者:森村さん提供
御坊市のマンホールカード ・裏面には2007に設置開始された上記マンホールと、「ハマボウ」、「こぎく」と「クロガネモチ」の写真とデザインの由来などが書かれています。
御坊市は和歌山県沿岸部の中央に位置し、市街地の中心部を日高川が流れ、日高川とともに農業、商業等が発展してきた町です。 その日高川河口付近は豊かな自然に恵まれ、7月に黄色の花を咲かすハマボウ(市の花木)の群生地があり、河北地区に御坊市指定天然記念物クロガネモチ(市の木)、河南地区には温暖な気候に恵まれ、年間を通し、スターチス、ガーベラ、カスミソウ、コギク(市の花)等の花卉栽培が盛んな地域であり、生産・収穫量とも全国上位に位置します。 マンホール蓋は日高川河口部のハマボウの花を中心に、北にクロガネモチ、南にコギクを配置し「花の町」をイメージしています。

・撮影日:2019年8月18日
・配布場所:EEパーク
・撮影者:森村さん提供
御坊市のマンホール ・カードに示された位置のマンホール蓋。
実敷設蓋のあるところはストリートビュで見るとマンホールがなく、人通りも少なそうな歩道の切れたところ。 EEパークでカードを配布していた人に聞くと、万一蓋の上を歩いて滑ってケガをしないように安全な場所に設置したそうですとのこと。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2019年8月18日   
・撮影場所:王子川にかかる王子橋北詰   
・撮影者:森村さん提供
御坊市マンホール ・いきなりカラーデザインに遭遇(^_^)穴は無いけど雨水管マンホールの蓋です。 中央に市の花木ハマボウ、周囲に市章と市の花コギクと市の木クロガネモチです。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2013年2月7日  
・撮影場所:御坊市・JR御坊駅前にて
・撮影者:MJBぢぢいさん提供
御坊市マンホール ・上記と同じデザインのモノクロ版の穴がある雨水マンホールです。
雨水管マンホール蓋

・提供日:2013年2月7日  
・撮影場所:御坊市・紀州鉄道西坊駅前にて
・撮影者:MJBぢぢいさん提供
御坊市マンホール ・上記と同じデザインで、「おすい」の表記です。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2011年10月27日  
・撮影場所:御坊市
・撮影者:syuukouさん提供
御坊市マンホール ・上記の親子マンホール。親蓋は変形テトラポッド模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:御坊市湯川町富安付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
御坊市マンホール ・手毬風地模様に市章入り。多数の穴と左右に鍵穴あり。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:御坊市薗付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
御坊市マンホール ・網代模様に市章入り、斜め分割式穴あき角型蓋です。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2014年6月10日  
・撮影場所:御坊市島付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
御坊市マンホール ・市章の周りを黄色地に「防火貯水槽」の文字で囲み、外周には火の字をデザインした文字で1周しています。
防火貯水槽の蓋

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:御坊市薗付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供。
御坊市マンホール ・市章と「防火貯水槽」の文字入り、左右に鍵穴。Φ660。

・撮影日:2014年10月27日  
・撮影場所:御坊市名田町野島付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供
御坊市マンホール マーク部分をアップで
・楕円を 同心円に並べた蓋で、中央の旧電電公社のマークを挟んで右から表記の「電話」の文字いり。 Φ900。

・撮影日:2014年7月28日  
・撮影場所:御坊市薗付近
・撮影者:幻論乙坊さん提供

御坊市マンホール 越境蓋
・宮城県の迫川(はさまがわ)流域下水道です。 栗駒山と白鳥のデザインに宮城県章入り。 宮城県にアップの、きゃっぽり~にょ おおかみ さんご提供とは12時と6時位置に違いが認められます。

・撮影日:2014年7月14日  
・撮影場所:御坊市湯川町財部町内
・撮影者:幻論乙坊さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ