西伯郡伯耆町(ほうきちょう)のマンホール

2005年1月1日、西伯郡岸本町(きしもとちょう)と日野郡溝口町(みぞくちちょう)が合併して伯耆町となった。
伯耆町のマンホール 旧岸本町(きしもとちょう)
・伯耆町役場ロビー展示カラー蓋です。「旧岸本町の花「菊」と特産品の「すいか」、「大山」と「日野川」、「鴟尾(しび)」(国の重要文化財)がデザインされています」との説明文が添付されていました。「みどりと清流のまち きしもと」の文字。

・撮影日:2019年5月24日
・撮影場所:鳥取県伯耆町役場
・撮影者:こばちゃんさん提供
伯耆町のマンホール ・「大山」と町の花「菊」 特産品の「スイカ」、 それに「石製鴟尾」(せきせいしび)」と呼ばれる発掘物が描かれています。「みどりと清流のまち きしもと」の文字。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2011年5月20日
・撮影場所:鳥取県西伯郡伯耆町(旧岸本町町域)
・撮影者:姫さん提供
伯耆町のマンホール ・上記と同デザインだが上部の蝶番と鍵穴が違う。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2011年5月20日
・撮影場所:伯耆町
・撮影者:姫さん提供
伯耆町のマンホール ・上記と同デザインで、受枠にV字模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年4月2日
・撮影場所:伯耆町旧岸本町
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
伯耆町のマンホール ・上記の親子。親蓋は亀甲模様。
汚水管マンホール蓋

・撮影日:2017年4月2日
・撮影場所:伯耆町旧岸本町
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
伯耆町の小型蓋 ・上記デザインの小型。
汚水管小型蓋

・撮影日:2017年4月2日
・撮影場所:伯耆町旧岸本町
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
伯耆町の石製鴟尾 ・伯耆町役場の屋根の上に、上記デザインの「石製鴟尾」(せきせいしび)」が乗っています。

・撮影日:2017年4月2日
・撮影場所:伯耆町旧岸本町
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
伯耆町の大山 ・伯耆町にある植田正治写真美術館内2階には「逆さ大山」が撮れる様に設計された場所があります。快晴・微風という条件が揃えばOKですが、この日は山がかすみ、風でさざ波が立ってダメでした。

・撮影日:2019年5月24日
・撮影場所:伯耆町・植田正治写真美術館内より
・撮影者:こばちゃんさん提供
伯耆町のマンホール ・大山と畑にスプリンクラーで水がまかれているデザインで、中央に農林水産省のマーク(林の字)と下部に「大山山麓」「空気弁」の文字。普通のマンホールのサイズと違ってかなり大きかったです! 親子マンホールの親よりもさらに一回り大きくてびっくりしましたが、一か所でしか見られませんでした。
大山山麓地区土地改良区の空気弁マンホール蓋

・撮影日:2016年5月19日
・撮影場所:伯耆町県道52号線
・撮影者:すぺいん人さん提供

伯耆町のマンホール 旧溝口町(みぞくちちょう)
・伯耆町役場ロビー展示カラー蓋です。 一見して「鬼」の字をイメージして作成したとわかるシンボルマークと旧溝口町の花「ツツジ」のデザイン。

・撮影日:2019年5月24日
・撮影場所:鳥取県西伯郡伯耆町(旧岸本町町域)
・撮影者:こばちゃんさん提供
伯耆町のマンホール ・日本最古の鬼伝説の町として、鬼を題材とした町おこしをしていた町。 キャラクターの「鬼」と、町の花「つつじ」が描かれています。「MIZOKUCHI」「げすい」の文字。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2012年4月22日
・撮影場所:鳥取県西伯郡伯耆町 伯耆溝口駅付近
・撮影者:姫さん提供
伯耆町のマンホール ・上記の親子。親蓋は亀甲模様。
下水管マンホール蓋

・撮影日:2017年4月2日
・撮影場所:伯耆町旧溝口町
・撮影者:薄毛の髭のっぽさん提供
伯耆町の小型 上記の小型蓋。
下水管小型蓋

・撮影日:2012年4月22日
・撮影場所:伯耆溝口駅付近
・撮影者:姫さん提供
伯耆町のマンホール 溝口町章が描かれたJIS規格品量水器蓋。

・撮影日:2012年4月22日
・撮影場所:伯耆溝口駅付近
・撮影者:姫さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ