東京都のデザインマンホール

マンホール蓋 ・2020年の東京オリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げようと、12月19日に江東区有明にある東京都水の科学館前の歩道に設置した大会エンブレムをデザインしたプレートデザインタイプの蓋です。 東京大会での装飾の基本色となっている「藍」「紅」「桜」「藤」「松葉」の5色の中のこちらは紅です。 20枚(製作費220万円)が制作され、パブリック・ビューイングや競技の体験などを楽しめる「ライブサイト」の会場となっている代々木公園や日比谷公園の周辺などに、順次設置されるそうです。 設置期間は、パラリンピックが終わったあとの来年9月末までで、その後は、移設や展示を検討しているそうです。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2019年12月25日  
・撮影場所:東京都水の科学館前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
マンホール蓋 ・こちらは、桜色です。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2019年12月25日  
・撮影場所:東京都水の科学館前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
マンホール蓋 ・こちらは、藤色です。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2019年12月25日  
・撮影場所:東京都水の科学館前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
マンホール蓋 ・こちらは、藍色です。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2019年12月25日  
・撮影場所:東京都水の科学館前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
マンホール蓋 ・こちらは、松葉色です。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2019年12月25日  
・撮影場所:東京都水の科学館前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
東京23区の展示蓋 ・東京都虹の下水道館(有明水再生センター)の展示蓋。 下水道展2015東京で開催された「デザインマンホールふたコンテスト」で「小学生の部」最優秀賞に選ばれた作品。 「かがやく東京~地球の中で~」と題し、思いやりや平和の願いを込めたデザインとのことです。

・撮影日:2017年8月2日
・撮影場所:東京都虹の下水道館
・撮影者:こばちゃんさん提供
東京23区の展示蓋 ・東京都虹の下水道館(有明水再生センター)の展示蓋。 上記コンテストの「中学生の部」最優秀賞に選ばれた作品。 「東京日和」と題し、いちょうとスカイツリーで東京らしさを伝えるデザインとのことです。

・撮影日:2017年8月2日
・撮影場所:東京都虹の下水道館
・撮影者:こばちゃんさん提供
マンホール ・馬車の絵柄の下に都の紋章と「街と川きれいに保つ下水道」の文字が入ったコンクリート製マンホール蓋です。

・撮影日:2017年7月19日  
・撮影場所:有楽町駅から新橋駅間の高架下  
・撮影者:能尚さん提供
マンホール ・蒸気機関車の絵柄の下に都の紋章と「街と川きれいに保つ下水道」の文字が入ったコンクリート製マンホール蓋です。

・撮影日:2017年7月19日  
・撮影場所:有楽町駅から新橋駅間の高架下  
・撮影者:能尚さん提供
都のマンホール ・福生市の「ふっさ七夕祭り」のカラーマンホールデザインで、天の川と織姫彦星に七夕飾りが描かれているますが、「とうきょうと」「うすい」に表記が変わっています。
雨水管マンホール蓋

・撮影日:2017年4月3日
・撮影場所:福生駅西口
・撮影者:ザキヤマさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ