杉並区のマンホール

杉並区マンホール ・今年度から、東京都と区市町村との連携で、アニメ・マンガ・ご当地キャラクター等を活用したデザインマンホール蓋の設置に、取り組んでいます。 杉並区で設置される5枚のうちの1枚です。
「阿佐谷ジャズストリート」の文字入りで、左から杉並区公式アニメキャラクター の「なみすけ」 「なみきおじさん」「ナミー 」がジャズを演奏しているデザインのプレートタイプの蓋です。 下部に「東京下水道」「合流」の文字。
合流管マンホール蓋。  

・撮影日:2020年2月7日  
・撮影場所:杉並区阿佐ヶ谷駅周辺  
・撮影者:だいちゃん@さん提供
杉並区マンホール ・上記の1枚です。
「阿佐谷七夕まつり」の文字入りで、彦星と織姫姿の「なみすけ」 と「ナミー」と七夕飾りがデザインされています。
合流管マンホール蓋。  

・撮影日:2020年2月7日  
・撮影場所:杉並区阿佐ヶ谷駅周辺  
・撮影者:だいちゃん@さん提供
杉並区マンホール ・上記の1枚です。
「東京高円寺阿波おどり」の文字入りで、「なみすけ」 と「ナミー」が阿波踊りを踊っています。
合流管マンホール蓋。  

・撮影日:2020年2月9日  
・撮影場所:杉並区高円寺駅周辺  
・撮影者:だいちゃん@さん提供
杉並区マンホール ・上記の1枚です。
上記の色違いで、「なみすけ」 と「ナミー」の位置が左右逆になっています。
合流管マンホール蓋。  

・撮影日:2020年2月9日  
・撮影場所:杉並区高円寺駅周辺  
・撮影者:だいちゃん@さん提供
杉並区マンホール ・上記の1枚です。
「なみすけ」 と「ナミー」と荻外荘(てきがいそう)のデザインです。
荻外荘は、内閣総理大臣を3度務めた政治家・近衞文麿が、昭和12年の第一次内閣期から20年12月の自決に至る期間を過ごし、昭和前期の政治の転換点となる重要な会議を数多く行った場所です。 平成28年3月1日に国の史跡に指定されました。 (杉並区HPより)
合流管マンホール蓋。  

・撮影日:2020年2月11日  
・撮影場所:杉並区、荻外荘公園前の歩道  
・撮影者:山崎さん提供
杉並区マンホール ・上記デザインの荻外荘(てきがいそう)です。  

・撮影日:2020年2月11日  
・撮影場所:杉並区  
・撮影者:山崎さん提供
杉並区マンホール ・杉並区採水口の蓋。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区西荻北4丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
杉並区マンホール ・杉並区コミュニケーションマーク入りのカギカッコ地模様のマンホール蓋。  

・撮影日:2017年4月12日  
・撮影場所:杉並区  
・撮影者:イッコーさん提供
杉並区マンホール ・杉並区コミュニケーションマーク入り。角型4連結、歩道面仕様の化粧蓋。  

・撮影日:2017年4月12日  
・撮影場所:杉並区  
・撮影者:イッコーさん提供
杉並区マンホール ・杉並区コミュニケーションマーク入り側溝の蓋。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区善福寺1丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
杉並区マンホール ・「すぎまる」マーク入り側溝の蓋。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区善福寺2丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
杉並区マンホール ・マンホール疑似蓋です。杉並「知る区ロード」の マスコットキャラクター「すぎまる」のデザインの金色の蓋です。杉の木がモチーフで、探検手帳とえんぴつを持ち、汗とひらめきを表現している 「すぎまる」は、林丈二(路上観察家)さんのデザインだそうです。  

・撮影日:2015年7月23日  
・撮影場所:杉並区荻窪にて  
・撮影者:さと坊さん提供
杉並区マンホール ・杉並区境界標。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区西荻北  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
杉並区マンホール ・杉並区測量3級基準点の蓋。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区善福寺1丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ