坂戸・鶴ヶ島消防組合のマンホール

坂戸市及び鶴ヶ島市によって組織された一部事務組合(消防組合)です。
防火水槽蓋 ・坂、鶴消防本部、防火水槽蓋。容量40トン。 消防士が、水が出なくて困ったような表情をしています(^_^.)。

・撮影日:2018年3月24日  
・撮影場所:マルエツアクロスプラザ坂戸店付近  
・撮影者:あゆさん提供。
鶴ヶ島市マンホール ・黄色に水玉模様地の中央に大きく「坂戸・鶴ヶ島消防組合章」の入った消防徽章を配し、その上に「防火用水槽」下に「坂・鶴消防本部」の文字と左右に鍵穴です。 受け枠は黄色地に水玉模様が2周。
*坂・鶴消防本部は坂戸、鶴ヶ島消防組合の傘下になります。HPより
・防火用水槽蓋

・撮影日:2017年2月22日
・撮影場所:東武線若葉駅の東側付近
・撮影者:かなちゃん提供
鶴ヶ島市マンホール ・黄色地模様の上から「1992防火水槽」○の中に「40」の数字、消防車と放水士、下に「坂・鶴消防本部」の文字。受け枠は水玉が2周。
・防火水槽蓋

・撮影日:2017年2月22日
・撮影場所:東武線鶴ヶ島駅西側付近
・撮影者:かなちゃん提供
鶴ヶ島市マンホール ・「坂戸・鶴ヶ島消防組合」が防火水槽の蓋をリニューアルしました。 デザインは二種類有ります。敷設は少し先だそうです。 さかぼう・つるぼうが消防車を介して消火活動を行っているデザインです。 二人が着ている防火衣は、火災時に身を守るために着装するもので、防火衣は約9キロ、空気呼吸器などの資機材を合わせると約20キロの装備を身に着け消火活動を行っています。(展示説明書きより)
・防火水槽蓋

・撮影日:2022年11月7日
・撮影場所:「坂戸・鶴ヶ島消防署」にて展示中
・撮影者:ザキヤマ提供
鶴ヶ島市マンホール ・法被を羽織って、はしごに乗り纏を振り上げ、江戸時代の消火活動をイメージしたデザイン。 江戸時代まだ消防という組織が出来る前、町の火消しは、燃えている家を打ち壊すことで消火しており、建築物の構造に詳しい鳶組合が担っていました。 昭和23年からは、消防署・消防団が消火活動を行っておりますが、鳶組合は今なお伝統を継承し、勇猛果敢な演技を通して消防広報を行い、団結と士気を高め、消防市名の達成に寄与しております。(展示説明書きより)
・防火水槽蓋

・撮影日:2022年11月7日
・撮影場所:「坂戸・鶴ヶ島消防署」にて展示中
・撮影者:ザキヤマ提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ