旧国鉄のマンホール

国立市マンホール蓋 マーク部分をアップで
・Tの地模様で、工部省と字の形がレールの断面に似ていることが由来といわれる「工」の字に「国鉄」の文字入り。 明治18年に工部省は廃止され、鉄道事業は内閣直属になり(鉄道省)となり後に国鉄からJRとなった。   杉並区南荻窪3丁目 にて琺瑯タイプさん撮影の蓋もあり。
国鉄のマンホールの蓋

・提供日:2017年3月23日  
・撮影場所:国立市ルピナス国立ステーションスクエア脇  
・撮影者:高瀬さん提供
杉並区マンホール ・明治時代の工部省の「工」マーク入りTの字の地模様マンホール。 明治18年に工部省は廃止され、鉄道事業は内閣直属になり(鉄道省)となり後に国鉄からJRとなった。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区南荻窪3丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
滝川市 ・T字の地紋、中央に「工」の文字のある80cmの蓋です。
旧国鉄のマンホール蓋。

・撮影日:2020年8月24日  
・撮影場所:JR滝川駅  
・撮影者:いのたつさん提供
杉並区マンホール ・上記と同じ「工」マーク入りだが、上記より縦長マークである。  

・提供日:2012年10月24日  
・撮影場所:杉並区南荻窪3丁目  
・撮影者:琺瑯タイプさん提供
千代田区 ・二の字模様、中央円内に「工」の文字入り。
旧国鉄のマンホール蓋。

・撮影日:2015年12月20日  
・撮影場所:群馬県高崎駅付近  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
高崎市 ・Hの字模様、中央円内に「工」の文字入り。
旧国鉄のマンホール蓋。

・撮影日:2015年8月2日  
・撮影場所:千代田区交通会館付近  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
上三川町 ・穴あきJIS蓋、中央円内に「工」の文字入り。
旧国鉄のマンホール蓋

・撮影日:2018年3月15日  
・撮影場所:栃木県上三川町  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
桑折町 ・『』を斜めに並べた地模様、中央円内に「工」の文字。
旧国鉄のマンホール蓋

・撮影日:2018年4月8日  
・撮影場所:福島県桑折町  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
京都市のマンホール ・升目地模様、中央に旧工部省のマークの「工」と、下部円内にマンホール製造メーカー友鉄工業(株)の「友」の字入り。 大型サイズ。
工部省マンホール蓋

・撮影日:2018年4月21日
・撮影場所:京都駅周辺
・撮影者:もーさん提供
品川区 マーク部分をアップで
・コンクリート製蓋に 「工」の文字。
旧国鉄のマンホール蓋。

・提供日:2015年4月27日  
・撮影場所:品川区四季劇場[夏]駐車場  
・撮影者:そらのおとしぶたさん提供
姫路市 ・Tの字模様、「通信」の文字で挟んだ「工」の文字が中央円内に入っています。
旧国鉄の通信マンホール蓋。

・撮影日:2016年8月1日  
・撮影場所:姫路駅  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
千代田区 ・Tの字模様の縦2分割角形蓋、左右それぞれの蓋に「工」の文字入り。 北海道名寄市にていのたつさん撮影の蓋もあり。
旧国鉄のマンホール

・撮影日:2015年7月29日  
・撮影場所:千代田区市ヶ谷駅付近  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
会津若松市 ・上記と同じくTの字模様の縦2分割角形蓋ですが、「工」の文字の向きが違う。
旧国鉄のマンホール蓋。

・撮影日:2018年10月16日  
・撮影場所:会津若松市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
成田市 ・Tの字模様の角形蓋、「工」の文字が中央円内に入っています。
旧国鉄の通信マンホール蓋。

・撮影日:2016年9月21日  
・撮影場所:成田市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
品川区 ・国鉄のマンホール蓋。Tの地模様の角型蓋、中央に縦書きで「工力」の文字入り。 「工」は明治18年に廃止され旧工部省のマークで後の国鉄に引き継がれ使用されていた。「力」は電力と思われます。

・撮影日:2015年9月4日  
・撮影場所:品川区大井町 JR東日本 東京総合車両センター 夏祭りフェア  
・撮影者:そらのおとしぶたさん提供
大阪 ・中央に「工力」の文字入り、周囲はあぶくの様な楕円模様。 「工」は明治18年に廃止され旧工部省のマークで後の国鉄に引き継がれ使用されていた。「力」は電力と思われます。
国鉄のマンホール蓋  

・提供日:2017年2月2日  
・撮影場所:大阪市JR天王寺駅  
・撮影者:そらのおとしぶたさん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ