北海道電力のマンホール

札幌市マンホール マーク部分をアップで
・北海道電力の 社章入りのあぶく地模様の蓋です。 めぐさんからも頂いています。

・撮影日:2013年9月23日  
・撮影場所:札幌市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供。
札幌市マンホール ・上記よりと同じですが穴が長穴になっています。

・撮影日:2015年9月6日  
・撮影場所:函館市  
・撮影者:fujisanTAROさん提供
札幌市マンホール ・上記の蓋のあぶくが4つの少し小さめの蓋です。

・撮影日:2018年9月17日  
・撮影場所:当別町スウェーデンヒルズ  
・撮影者:いのたつさん提供
函館市 ・Tの地模様に北海道電力社章入り。
以下は北海道電力(株)より
五稜郭駅からは若干(およそ1km)離れておりますが、函館市富岡町にあります。 弊社函館変電所付近に施設された配電線用(高圧6600Vの地中ケーブルが 収容されております)のマンホールと思われます。
弊社マンホールに刻印されている「ロゴマーク」についてですが、「北海道(HOKKAIDO)」の頭文字「H」を図案化して、 電光のイメージとしたものです。」

・撮影日:2015年9月8日  
・撮影場所:函館市五稜郭駅付近  
・撮影者:fujisanTAROさん提供。
釧路市 マーク部分をアップで
・北海道電力旧マークと 「送電」の文字入りマンホール蓋。 マークは右上から左下に斜めになる向きが正しい。

・撮影日:2015年7月20日  
・撮影場所:釧路市昭和中央歩道  
・撮影者:トリーさん提供
北広島市マンホール マーク部分をアップで
・北広島市は、「妖精と出会えるまち」をキャッチフレーズとしていて、妖精が向かい合ったデザインの北海道電力のマンホール蓋です。 下部に北電のロゴマークが入っています。

・撮影日:2017年7月14日  
・撮影場所:JR千歳線北広島駅東側  
・撮影者:kanataさん提供
ほくでんマンホール
・NTTの蓋でよく見かけるT字の地紋の四角い蓋の中央に北海道電力の社章がついた蓋です。

・撮影日:2018年9月17日  
・撮影場所:当別町スウェーデンヒルズ  
・撮影者:いのたつさん提供
ほくでん小型マンホール
・毘沙門亀甲地に、北海道電力の社章入りの35cmぐらいの蓋です。 あまりこのサイズのほくでんの蓋は見かけません。

・撮影日:2019年5月19日  
・撮影場所:伊達市  
・撮影者:いのたつさん提供
札幌市マンホール 北海道電力ネットワーク(株)
マーク部分をアップで
・北海道電力から送配電部門が分社化され、2020年4月から「北海道電力ネットワーク株式会社」ができ、そのマンホール蓋です。 H=と工■を組み合わせた地模様に北海道電力ネットワーク株式会社のロゴマーク入り。
マークは、北海道の形をモチーフとし、ネットワークの頭文字「N」と電光、さらに安全を確認する「チェックマーク」をイメージし、広大な北海道のすみずみまでしっかりと電気を送り続けていくという使命を表現しています。(会社のHPより)

・撮影日:2013年9月23日  
・撮影場所:札幌市中央区の北海道庁赤レンガの南側門の前  
・撮影者:鳥見人さん提供

検索でこのページに直接いらした方は、ホームへどうぞ